有料動画コミュニティ開始のお知らせ【YouTubeで話せない内容です】

KOYAです。

ブログ・Twitterだけでなく、YouTubeでも発信してきました。

 

月に1,000万円稼ぐとかではないですが、東京本社のWEB系上場企業にブログ就職しつつ、フルリモートで地方移住したり、副業で月20万円稼いだりなど、少しずつお金・場所・時間に縛られない人生にできています。

 

そんな僕ですが、YouTubeに変わる、限定動画コミュニティを開始します。

 

なぜ有料動画コミュニティを開始するのか

 

理由は、「YouTubeでの情報発信に限界を感じたから」&「ビジネス系YouTube業界の変化が今起きているから」です。

 

YouTubeでの情報発信に限界を感じる

 

YouTubeでは、そのアルゴリズム上、僕が本当に価値のあると思う、重要な話がしづらいです。

理由は、どうしても登録者数や再生数で競わされ、ニッチな動画が伸びないからです。

 

 

上記に、僕が出した動画の画像を2つ貼りました。

もちろん、公開してからの日時は違うのですが、おそらく右側の動画は伸びないです。

 

理由は、「煽り要素がない」「エンタメ要素が少ない」「キーワード最適化していない」からです。

 

YouTubeのアルゴリズム上、テレビや週刊文春のように、煽ったり、ゴシップのようなエンタメ動画の方が伸びたり、関連やSEOを攻略できた動画の方が伸びます。

 

一方で、副業の売り上げを伸ばす、月1万円以上稼いでいるような人へのマーケティングの話とかは、ぜんぜん伸びません。こっちの方が、視聴者の人生を変える重要な動画だと思うのにです。

 

YouTubeもやるからには、チャンネル登録者数1,000人を突破し、広告収入を獲得したいです。

ですが、本気動画を出すほど失敗する。

 

なので、価値を感じてくれる人にだけ、限定公開するスタイルに変えたいです。

これならば、よりニッチで、より固有名詞も出した楽しい話ができます。

 

ビジネス系YouTube業界の変化が今起きている

 

限定コミュニティを行うのはいいのですが、なぜ今か?についてもお答えします。

理由は、ビジネス系YouTuber業界に変化が起きているからです。

 

すでにこの記事を書いている2020年08月だと、与沢さん、イケハヤさん、マコなり社長、マナブさんがYouTubeのメンバーシップ制度を開始しています。

 

そして、普段からこれらのチャンネルの視聴者は、いずれかのコミュニティに参加したはず。

 

その上で思うことがあり、「きっと有料動画コミュニティは1人2〜3つがMAXだな」ということ。

たとえば、僕の場合、与沢さんとマナブさんのコミュニティに参加しています。

 

イケハヤさんやマコなり社長のコミュニティが有益だったとしても、可処分時間の限界で、入りません。

 

これがミソで、動画コミュニティを開始するなら、今しかなかったのです。

 

というわけで、僕の動画コミュニティの概要を下記に記します。

 

» 【無料】限定コミュニティ案内ページはこちら

 

有料動画コミュニティの概要

有料動画コミュニティ

 

プラットフォームはvimeoで行います。

高品質の動画プラットフォームで、配信者側が課金しているので、視聴者様には広告も表示されません。

 

値段と提供コンテンツの頻度

 

 

  • 料金:月10ドルです(1,000円くらい)/サブスク型
  • 月に4〜5本の限定動画を公開/毎月蓄積されます
  • メンバー限定のコミュニティスペースに招待

 

 

vimeoの仕様上、円ではなく、ドルとなっていますが、クレカで円決済できます。

月額1,000円程度なので、かなり安いです。

 

※なお、動画コミュニティに参加すると、ブログの個別指導コミュニティの参加費を1,000円分割引します。合わせて利用すると、効果倍増です。

 

どのような情報を発信していくのか

 

 

  • 「ブログで稼げている人」の正体は2種類ある
  • ただの会社員を続けたら人生詰む理由
  • 多くのフリーランスが陥っている罠とは
  • 会社を「無料の学校」にする方法
  • インフルエンサーからTwitterでリツイートやスポンサーを獲得する方法
  • 実績なし・顔出しなしでも稼ぐ方法
  • 大学生がスタートアップ企業でインターンすべき本当の理由
  • 会社員が実名顔出しで副業する際に気をつけるべきたった一つのこと

 

 

このあたりの、「YouTubeで言っても伸びなそうで、Twitterでも言いづらいけど重要な話」を出していきます。

値段も安価なので、試しに覗いてみるとかもありだと思います。

 

限定コミュニティの参加はこちらから

 

それでは、動画コミュニティにてお会いしましょう。

本1冊以下の値段で業界の裏話を聞けます。

知っているのと知らないのでは、選択肢的に差がつく話をしていきます。