【Mugen WiFiの評価】実際に契約した僕が、本音でレビュー

Mugen WiFiの評価・レビュー・感想 ガジェット

こんにちは、ソリンドです。

auを契約していましたが、2年縛りが終わるので、次をどうしようかと考えていました。

 

最近だと格安SIMがたくさん出てきているのですが、カフェで頻繁にパソコンを使う僕にとって、テザリングができないのは致命的。

なので、格安SIMの代わりにポケットWi-fiを契約することを考えました。

 

結論として、最安かつ通信量無制限だったので、数あるポケットWi-fiの中からMugen WiFi(ムゲン ワイファイ)を契約しました。

 

 

確かに月額料金は最安だったものの、契約する前に知っておきたいデメリットもあったので、今回はステマなしにMugen WiFiをレビューします。

Mugen WiFiを契約しようか迷っているあなたの参考になれば幸いです。

 

※僕が買う前にネットでMugen WiFiのレビュー記事を見てたのですが、ちょっと都合の良いこと書きすぎな記事も多かった。なので、この記事は本音で書いていきます。

 

もくじ

 

  • Mugen WiFiの特徴
  • Mugen WiFiの料金プランとおすすめ
  • Mugen WiFiの解約方法
  • Mugen WiFiの通信速度
  • Mugen WiFiの評判【毒舌かも】

 

 

それでは、購入の参考にしてみてください。
» Mugen WiFiの申し込みはこちら【公式ページ】

 

スポンサーリンク

Mugen WiFiの特徴

Mugen WiFiの評価

 

2019年に入ってからポケットWi-fiもだいぶ一般的になり、「なんとかWi-fi」が増えました。

 

「どんなときもWi-fi」であったり、「カシモWi-fi」とかが広告を打っていて有名ですが、Mugen WiFiは広告を打っていない分、少しマイナーです。

 

性能として「他社のポケットWi-fiとどう違うのか?」が一番あなたもきになるところだと思うので、はじめに書いていきます。

 

Mugen WiFiと他者のポケットWi-fiの比較

 

メリットとデメリットの両方があります。

 

Mugen WiFiが他者のポケットWi-fiよりも優れているところ

 

  • トリプルキャリアなので、回線が安定しやすい(らしい)
  • 値段が2019年現在1番安い。料金も一律でわかりやすく、ユーザー目線
  • キャッシュバックがなく料金が一律なので、キャッシュバックの取り忘れがない
  • 契約期間が2年で他社(3年)よりも良心的
  • 解約金が他社よりも安い
  • 初月に30日間返金保証キャンペーンがある

 

Mugen WiFiの良くないところ

 

  • マイナーなので、信頼できるか不安(だった)
  • 通信速度が爆速じゃない

 

 

一つずつ掘り下げて解説します。

 

Mugen WiFiはトリプルキャリアなので、回線が安定しやすい(らしい)


「トリプルキャリア」というのは、SoftBank、docomo、auすべての回線を使えるということです。

 

「ベストエフォート(best effort)方式」と呼ばれ、3キャリアの回線の中でもっとも速いものを選択して通信してくれます。

 

他社のポケットWi-fiだと3つのキャリアのうちのいずれか1社と通信なので、3キャリア使えるのは心強いですね。

 

しかし、ぶっちゃけると3キャリアあってもMugen WiFiは通信速度が爆速じゃない(後述)なので、遅いときは遅いです(あぁ、書いてしまった…)。

 

ただし、通信速度に敏感じゃない方なら、神Wi-fiであることを保証します。

 

Mugen WiFiは値段が1番安い


2019年現在、あらゆるWi-fiを比較した結果、最安でした。

そして、最安かつ料金形態もシンプルだったので、契約した感じです。

 

Mugen WiFiはキャッシュバックがなく料金が一律


他社は安いように見えて、「2年目から値上げ」であったり、「キャッシュバックを使ったら安い」とかなので、実質が安くないんですよね。

 

キャッシュバックも受けるためには色々手続きが必要でして、クソ面倒です。

 

Mugen WiFiは契約期間が2年で他社よりも良心的

 

他社は「3年縛り」が多いです。

しかし、ぶっちゃけ、3年もあったら大きく状況が変わっちゃいますよね。

 

今後は5Gもくるので、僕は3年はポケットWi-fiを契約している自信がありません。

 

たぶん、2年経った時点で解約してしまうかなと思っています。

なので、Mugen WiFiはちょうどよかった。

 

Mugen WiFiは解約金が他社よりも安い

 

Mugen WiFiは2年使えば解約金なしです。他社だと3年縛りなので、2年経過時点で解約しても1万円とかかかってきます。


一方で、Mugen WiFiなら、「1年目が9,000円、2年目が5,000円」で解約できるので、かなり良心的。

Mugen WiFiは初月に30日間返金保証キャンペーンがある

 

この記事を書いている2019年12月時点では30日間の返金保証キャンペーンがあります。


Mugen WiFiをネットから契約すると、2日くらいで自宅に端末が届くのですが、その1週間後くらいにメールで「契約書」が届きます。

 

そして、そのメールの中に解約方法はしっかり書いてあるので、それを見ればOKです。

 

返却手数料¥1,000と配送にかかる料金だけで返却でき、かつ最初の事務手数料と1ヶ月目の料金も返却されるので、かなりいいサービスです。他社にはありません。

 

なので、使ってみて速度が遅くでイライラしたら、容赦なく返却しちゃえばいいかなと思います。

 

Mugen WiFiはマイナーなので、信頼できるか不安(だった)

 

僕は不安でした。

さすがにテレビとかでCMを出している他社に比べると、怪しいですよね。

 

契約してもログインのユーザーページとかもありませんし、メールで契約書が送られてくるのも端末が届いてから1週間後とかでした。

なので、それまでは不安でした。

 

しかし、契約書にはちゃんと連絡先などが書いてあったので、そこでやっと安心できた感じです。

 

Mugen WiFiは通信速度が爆速じゃない


Mugen WiFiのイメージとしては、「Mugen WiFiは爆速じゃないけど、速度さえ許容できるなら、容量無制限・かつ最安」と覚えておけば問題なしです。

 

よく他社である、「3日で1GBいったら速度制限」や「1ヶ月で7GBまで」とかがないので、快適ですよ。YouTube見放題。

 

※YouTubeは遅い時じゃなければ問題なく観れます。通信の悪い場所や、回線の混時間だと、爆速に慣れてる人だとちょっとイライラするかもです。

 

通信速度が爆速じゃなくても我慢できる人か、30日間の返金キャンペーンを使えばいいかと思える人におすすめです。それ以外の点はMugen WiFiは最高なので。
» Mugen WiFiの申し込みはこちらから【公式ページ】

 

スポンサーリンク

Mugen WiFiの料金プランとおすすめ

 

Mugen WiFiは2つの契約プランがあります。

 

 

  • アドバンスプラン
  • 格安プラン

 

 

この2つは端末が違います。

 

Mugen WiFiのMugenアドバンスプラン

 

上位モデル感を出していますが、実は通信速度は格安プランと一緒です。

 

そして、翻訳機能や充電機能があったりしますが、、使わないですよね。

 

無駄に料金が上がりますし、むしろ液晶画面があることで電池の消費が早くなりそう。


バッテリー残量のある間しかインターネット回線が使えないことを考えると、モバイルバッテリーとして使うことどころか、むしろMugen WiFiの端末を充電するためにモバイルバッテリーを持ちたいくらいです。

 

Mugen WiFiのMugen格安プラン

 

なので、こっちを契約すればいいかなと思っています。

通信速度はアドバンスプランと一緒で、安いです。

 

※2019年クリスマス前だけキャンペーンでアドバンスプランが格安プランと同じ料金になっているので、その間はアドバンスプランでもいいかも。

 

Mugen WiFiの解約方法

 

スイマセン、これに関しては先述してしまったので、もう一度掲載しておきます。

 

Mugen WiFiをネットから契約すると、2日くらいで自宅に端末が届くのですが、その1週間後くらいにメールで「契約書」が届きます。
そして、そのメールの中に解約方法はしっかり書いてあるので、それを見ればOKです。返却手数料¥1,000と配送にかかる料金だけで返却でき、かつ最初の事務手数料と1ヶ月目の料金も返却されるので、かなりいいサービスです。他社にはありません。
なので、使ってみて速度が遅くでイライラしたら、容赦なく返却しちゃえばいいかなと思います。

 

Mugen WiFiの通信速度

 

アドバンスプランでも、格安プランでも一律で、「下り最大150Mbps」とされてます。

 

Mugen WiFiは通信速度だけが課題かなと思っており、この速度は4G LTEに慣れた人からすると、爆速じゃないんですね。

 

なので、Mugen WiFiを契約してみて、ストレスだったら返金キャンペーンすればいいと思うし、速度命な人なら、他社のポケットWi-fiの方がいいかもです。

 

※たとえば、「縛りなしWiFi」なら値段もMugen WiFi同格に安くて、「603HW」というモデルがあり、これなら通信速度が「下り最大612Mbps」とMugen WiFiの4倍速が出ます。条件はかなりいいですが、ただし端末を壊した時のお金だけ高いです

 

Mugen WiFiの評判【毒舌かも】


結論としては、かなり書いてきていますが、「通信速度をどう思うか」それだけだと思います。

僕自身契約してみた感想として、特に詐欺とかではなかったので、会社としては問題なさそうです。
ただ、爆速じゃない。そこだけです。

 

とはいえ、他社にはない30日間返金キャンペーンがあるので、とりあえず1番安いMugen WiFiを契約してみて、ダメだったら返却手続きしつつ同時に他社のWi-fiを契約すればいいかなと思います。

 

Mugen WiFiのその他の疑問点

 

こんな疑問に答えます。

 

 

  • Mugen WiFiは同時に何台まで接続できるか
  • Mugen WiFiは海外でも使えるけど、コスパはどうなの?
  • Mugen WiFiは申し込んでから何日で端末が届くか
  • Mugen WiFiの通信量は本当に無制限か

 

 

Mugen WiFiは同時に何台まで接続できるか


5台まで同時にいけます。

なので、カフェとかでスマホとパソコンの両方に接続したり、友人に貸して同時接続しても問題な詩です。

 

Mugen WiFiは海外でも使えるけど、コスパはどうなの?


世界各国にそのまま持っていけば1日1,300円くらい(国による)のクレカ請求が増えるだけで使えるので、いいですよね。

 

ただ、たとえばタイのバンコクとかだと、格安SIMが1ヶ月1,000円くらいの安さで空港で買えたりするので、ぶっちゃけMugen WiFiを海外で使う必要はないかなと思ったり。

 

まぁ、思考停止に海外でも使えるのはありがたいとはいえますが、海外では現地のSIMを買う+パソコンはカフェのWi-fiを使う、でいいかも。

 

とはいえ、カフェでWi-fiのパスワードがもらえなかったりするかもなので、一応持っていくといいと思います。

 

Mugen WiFiは申し込んでから何日で端末が届くか


僕の場合は、2日後に届きました。早いですね。

夜に頼んでいたので、1日半ともいえます。

 

Mugen WiFiの通信量は本当に無制限か


本当に無制限です。僕もYouTube見まくっていますが、特に問題なしでした。

他社だと速度制限があるので、今まで頻繁に通信制限にかかっていた人なら、Mugen WiFiはかなりおすすめです。

 

というわけで、記事は以上になります。

今回は実際に契約していた立場から、Mugen WiFiを徹底レビューしてみました。

 

通信速度さえ許容できれば、他のどの会社のポケットWi-fiよりも(少なくとも記事執筆時点では)良心的なサービスだなという印象です。

 

知名度はイマイチですが、それも広告費を削ってるゆえですね。

あなたもぜひ、30日間無償返金キャンペーンでMugen WiFiを使ってみてください。

 

「そもそもポケットWi-fiでやっていけるのか」というあなたの疑問を解決するのに唯一「お試し」ができるサービスなので、おすすめです。
» Mugen WiFiの申し込みはこちらから【公式ページ】