「年齢を重ねる=魅力的になる」は間違い→ 経験だけが僕らを変える

こんにちは、KOYA@ソリンドです。

今回は、下記のツイートを掘り下げて解説します。

 

 

昔は「歳をとれば魅力的になる」と思っていたのですが、完全に違いました。ただしくは、「1日1日を大切にして、いろんな経験をしてきたから魅力的になる」ですね。歳は無関係でした。

おじいさんになると、顔つきとかでその人の「余裕具合」に差が出ますよね。余裕のあるおじさんになりたいです。

 

生き方論についての記事です。

僕の独自理論だと、「年齢を重ねているから魅力的になっている」ではなく、「いろんな経験を通して成長してるから魅力的になる」です。

 

つまり、今日からあなたは魅力的になれるので、昨日までの自分と勝負しつつ、魅力を高めていきましょう。

濃い1日1日が、僕らを高めてくれます。

 

魅力を高めるために、他人に期待せず生きるべき

 

変わりたいのに変われない人は、無意識に他人に期待している話」と言う記事でも書きましたが、皆さん他人に期待しすぎです。

 

自責思考じゃないと成長できない話

 

下記ツイートのとおり。

 

 

他人をコントロールするのは、難しいです。

社会を変えるのは、もっと難しい。

 

それだったら、自分が変わる方が100倍早く変化できます。

 

自分のスキルアップに集中すると、人生が濃くなってくる

 

※「ライバルは昨日の自分」を前提に話を進めます。

 

今日あなたは、昨日までのあなたに何をプラスしましたか?

 

この記事を書いている今日の僕だと、「書き出したタスクを実行する」という点で、昨日の自分に勝利できました。

 

こんな感じで、毎日自分自身に問います。「今日は何を積み上げましたか?」

毎日積み上げたものがあると、1年前の自分と比較して、大きく成長した自分がそこにあるはずです。

 

 この1年間の積み上げ(僕の場合)

 

  • WEBライティングスキルを習得
  • 月5万円稼げるWEBサイトの構築
  • ツイッターのフォロワー1,100人
  • YouTubeの登録数70人
  • SEOのスキルの習得

 

 

ちょうど一年前からウェブ領域での発信を開始したのですが、0→1のフェーズを乗り越えられたと思います。

 

サイト運営で培ったSEOスキルはWEB系会社の面接でもウケがいいので、就活/転職活動の役に立っています。

 

1年前はWEBスキル皆無だったので、これが僕が1年間で積み上げたスキルアップです。

 

他人に教わろうとか考えず、独学で愚直に毎日積み上げたので、少しずつだけ伸びました。

オンラインサロンとかに入る手もあるのですが、自分の頭で伸びない原因を思考する癖がなくなったら結局成長できないと思ったので、あえて入らずやってみました。

 

自分を変えるためには、環境を変えるのが一番手っ取り早い

 

「環境」を変えると、人は簡単に変化できます。

一方で、「変わりたい、、、」と口にするけど変われない人は、何も捨ててませんね。

 

僕はちょうど1年前くらいに彼女に振られたので、その勢いで下記のものを捨て、変化を誓いました。

 

 僕が捨てたもの

 

  • 恋愛
  • 意識高くあることをイジってくる同期、先輩
  • 会話
  • 平凡に、無難に生きようと考えている同期

 

 

これらですね。

足を引っ張られても時間をロスするだけなので、5分以上話さないように徹底しました。

 

意識高い系は確かにウザいかもですが、行動する意識高い系ならば、成長できます。

 

 僕が飛び込んだ環境

 

  • WEBマーケティングの世界
  • WEBライターの世界
  • ブログ型アフィリエイトの世界
  • YouTubeの世界

 

 

要するに、「個人規模のビジネス」開始です。

大学でも自然保護を専攻してきた僕なので、マーケティングは完全に無縁な生活でした。

 

しかし、それまでの自分には1ミリもなかった分野での挑戦を開始することで、新しい自分を発見できました。

 

※今だとSNSで簡単に専門家と繋がれるのでいいですよね。僕も最近はツイッターの影響力が少しだけついたので、面白い人と会える機会が増えました。

 

 僕が新しい環境に飛び込んだことで得たスキル

 

  • WEB記事を300記事執筆
    →文章力、タイピング速度、SEO知識、WEBマーケティングのスキルUP
  • YouTubeを40本投稿
    →プレゼン力、緊張耐性、面接突破力UP

 

 

「いや、YouTubeは面接力アップにならないやろ?」というあなたは、「面接はぶっつけ本番で余裕です ←理由はYouTuberだからです」をご覧ください。

 

YouTube撮影も、最初はスマホに話すだけで全身に冷や汗かくものです。

それが徐々に余裕になり、面接官もスマホに見えてくる感じですね。余裕になりました。

 

こんな感じで、わずか1年の間に、大きくスキルアップができます。

会う人脈も広がり、視野も広がるので、1年前の自分よりも少しだけ魅力的になれたかと思います。

 

何も考えずに、周りに期待して流される1年も1年。能動的にスキルアップを図ってすぎる1年も1年という感じ。やっぱり「年」じゃないです。

 

 WEB領域での活動を通して広がった人脈

 

1年前の僕はWEBスキル0ですからね。凡人が独学で、フォロワー1,000人と月7万回超えのメディアを作っちゃたわけです。

 

 

 

僕は農学部出身の、ただの国立大生ですからね。

それがフリーランスエンジニアや休学しつつ海外就職したような方や現役トレーダー、プログラマーと焼肉に行ったり、年収が億を超える経営者にブログのスポンサーをしていただいたりしているわけです。

 

たった1年の能動的なアクションで、世界広がりすぎ。

現代だと、SNSから新たな人脈を広げられるので、ここにチャンスありです。

 

「年配=魅力的」とは限らない話

 

家族を思い返すと、やみくもに年を取っても、成長しているとは限らないことに気づきます。

 

僕の家族の構成員は、年をとっても未熟者でした

 

  • おばあちゃん
    :80くらいなのに、いまだに人の悪口を言う。悟りは開いていない模様
  • おじいちゃん
    :岩のように動かない。テレビショッピング中毒
  • 母親
    :本を読むと秒速で寝るらしい。家族のために費やしすぎる人生で、自分のことに時間を使えなかった
  • 父親
    :ブラック企業に魂まで吸い取られ、廃人に。アルコール&女中毒。僕は何年も口きいてないです

 

 

うーむ。

年をとっても誰もがゴータマ・シッタルダ(ブッタ)になれるわけではないようです。

 

つまり、「今日1日の過ごし方」の積み上げの差は、おじいさんになる頃には取り戻せないほどの差になりそうです。一人は孫正義になり、一人は名もなき労働者ですからね。

 

というわけで、今回の内容は以上になります。

 

伝えたいこととしては、僕が紹介した変化は、過去1年以内に起きたということです。付き合う人も、環境も、思考も1年あれば大きく変えることができます。

 

こんな偉そうなツイートとか、1年前は思いつけなかったです。

 

 

 

経験を通して視野が広がると、内なる声も変わってきます。

なので、他人に頼りすぎず、自分からの変化を意識して、新しい自分を見つけてみてください。