ポケットWi-fiのおすすめを1択に絞り込んだ【失敗の末、発見】

WiMAXの最新機種「W06」 ガジェット

こんにちは、ソリンドです。

ポケットWi-fiですが、失敗の末、ようやく「これを使っていこう」というものが決まりました。

 

 

以前mugen wifiを契約したのですが、安いけど遅い。遅いというか、速くない。速度は仕事にも影響するので、年1万円程度なら速さ重視で、一番早い機種を一番安く契約できるところがおすすめ。スマホもLINEモバイルに買い替えた

 

上記のツイートのとおり。

先日に下記の記事にもしたのですが、mugen wifiはお世辞にも早いとはいえなかった。
» 【Mugen WiFiの評価】実際に契約した僕が、本音でレビュー


結局、ユーチューブのアップロードもあるので、速度重視な僕は「GMOとくとくBB」に買い替えました。

 

本記事では、なぜ「GMOとくとくBB」1択になのかについて、掘り下げて解説します。
» GMOとくとくBB を申し込む

 

スポンサーリンク

ポケットWi-fiのおすすめは「速さ」で決まります

 

最初は、「値段」を重視しました。

 

ポケットWi-fiは、「安かろう悪かろう」でした


その結果、「どんなときもWi-fi(ドンファイ)」や「mugen wifi」が「データ通信量無制限」でかつ月の使用料が3,200円とかで、しかもややこしいキャッシュバックとかがなくて、最高でした。

 

どんなときもWiFiやmugen WiFiの端末の外見

mugen wifiの外観

 

「Us2」という端末。

モニターはないけど、そのかわり充電が長持ちする特徴があります。

 

どんなときもWiFiやmugen WiFiのメリット

 

  • データ通信量無制限:3日で何GB縛りとかなく、使いまくれる。月∞GBです
  • 月の使用料が3,200円くらい。最安です
  • 端末の使用可能時間が長い。(充電が長持ち)
  • ややこしいキャッシュバックもないので、お金の回収し忘れがない(キャッシュバックをもらい忘れる人は多い)
  • 基本的に、速度も問題なし
  • 「ベストエフォート形式」で、ソフトバンク、ドコモ、auの回線の中から繋がりやすいところを見つけてくれる。つまり、だいたいどこでもつながる
  • 申し込みも、料金も、設定も、単純明快
  • 2年縛り。しかも、途中解約料が最安(1年目9,000円、2年目5,000円)
  • 30日間返却キャンペーンがある

 

 

という感じで、かなり初心者に優しいです。

 

※僕も以前は契約していました。

 

 

しかし、一つだけ大きなデメリットがありました。

(デメリットというか、「人によってはデメリット」程度です)

 

どんなときもWiFiやmugen WiFiのデメリット

 

  • 時間によって、「遅い時間」がある
  • 上りが基本的に遅い
  • 端末の起動までに、2分かかる

 

 

上記のとおり。


ほとんど大丈夫なのですが、夜とかでたくさんの人がネットを使っていると、急に調子の悪い時間があります。

 

僕はブロガーであり、YouTuberでもあり、ネットをたくさん使いたいので、これがイライラの原因でした。

 

ネット速度が仕事のペースに直結なので。


「YouTube(動画)のアップロード」とかは上りで、しかも大きいデータ量を通信するので、上りが遅いと1時間とかかかったりです。

高速Wi-fiだと10分もしないで終わるはずなのですが。

 

あと、端末の使用可能時間が11時間とかなので、1日中電源つけっぱなしにできません。

 

なので、使っていない時間は電源を切るのですが、一旦切ると次にまた回線をキャチするまでに2分はかかるので、これまたイライラしました。

 

人によっては、安さでポケットWi-fiを選ぶのもおすすめです


というわけで、「速度命」な人には格安なポケットWi-fiはまったくおすすめしません。

(マジで、ここまで言い切りますね。)

 

しかし、下記のような人にはどんなときもWiFiやmugen WiFiはおすすめです。

デメリットをメリットが上回るので。

 

どんなときもWiFiやmugen WiFiがおすすめな人

 

  • ブロガーやユーチューバーではないので、自分からコンテンツをネットにアップロードしない人(見るだけなら下りなので、mugen wifiとかも早いです)
  • とくにネットで仕事してるわけではないので、「速さ命」ではない人
  • 起動に時間かかっても、イライラしない人

 

 

僕も「速さ命」な人のつもりはなかったのですが、「速さ命」な人であることにmugen WiFiを契約してみて気づきました。


あなたがネット速度に寛容な方なら、mugen WiFiとうまくやれます。

値段も神価格なので、おすすめです。

» 【Mugen WiFiの評価】実際に契約した僕が、本音でレビュー

 

「速度命」な方は、WiMAXの最新機種「W06」がおすすめ

WiMAXの最新機種「W06」


理由:最速だから。

ただ、これだけです。究極の、最強の理由です。

ネットで仕事する人は、通信速度は大切です。

 

実際に使ってみて、もはや「癒される」スピードでした。

 

mugen WiFiより高いけど、年間1万円高い程度なら、僕はこっちを選びます。

 

WiMAXの最新機種「W06」端末の外観


W06の一つ前の機種でW05とかありましたが、通信速度が06の方が早いので、こっちがいいです。

(W05の最高速度:450Mbps、W06の最高速度:1237Mbps)

 

あと、W05は06よりも分厚いです。

 

Mugen WiFiよりも理論値が8倍くらい早いです。体感も8倍くらい早いです。ストレスも8分の1です。最高。
(Us2の最高速度:150Mbps、W06の最高速度:1237Mbps)

 

WiMAXの最新機種「W06」のメリット

 

  • ネットが早いことに慣れてしまい、遅いとイライラする人
  • お金よりも時間がほしい人
  • 記事や動画コンテンツをネットにアップロードする人
  • 10秒〜1分以内の起動がいい人

 

 

このような方は、絶対にW06にしておいた方が心を平穏に保てます。
» GMOとくとくBB を申し込む

 

とはいえ、デメリットもあり、下記です。

 

WiMAXの最新機種「W06」のデメリット

 

  • 充電の減りは、早い(6時間くらい)
  • 設定がこまかく、ちまちましたことが苦手な人はめんどいかも
  • キャッシュバックを受け取り忘れる可能性あり

 

 

気になる方はmugen WiFiの方がいいかも。

 

スポンサーリンク

ポケットWi-fiのおすすめは最終的にどこになるのか

 

ここまでで、WiMAXの最新機種「W06」だということを述べてきましたが、最後はW06を契約できる会社の中でどこにするのがおすすめか、です。


結論としては、「GMOとくとくBB」です。

理由:安いから。

 

W06端末さえ手に入ってしまえば、契約会社はどこにしても大差ないので、単純に「値段最安」を追及します。

 

ポケットWi-fiの各社値段比較

 

容量無制限のプランにて、3年間の支払い合計を比較。

キャッシュバックはとるものとします。

 

 

  • GMOとくとくBB:¥117,660
  • Boad WiMAX:¥128,626
  • UQ WiMAX:¥151,680

 

 

上記のとおり。他にもあるのですが、とにかく最安は「GMOとくとくBB」だったので、僕はこれを契約しました。
» GMOとくとくBB を申し込む

 

ポケットWi-fiの選び方のまとめ

 

というわけで、記事はそろそろおわりにします。

ポケットWi-fiの選び方を整理しますね。

 

 

  • 速度に寛容な方→どんなときもWi-fiやmugen wifiのような、Us2端末
  • 速度重視な方→GMOとくとくBBで、W06を契約。

 

 

Us2端末にする場合は、下記です。↓

» 【Mugen WiFiの評価】実際に契約した僕が、本音でレビュー


なお、GMOとくとくBBの場合は、「11ヶ月目に3万円のキャッシュバックを受け取る」ことを忘れずに。

僕はiPhoneのカレンダーにもうすでに通知するように登録しておきました。

 

以上、ポケットWi-fiをどれにしようか迷っているあなたへの記事でした。

» GMOとくとくBB を申し込む