3年ぶりに、父親と話しました

※サムネイル画像は、父親の故郷、宮崎。

 

KOYA@ソリンドです。

日記が書きたくなったので、無駄なブログ更新をします。

 

※注意:本記事はただの日記です。有益ではないので、noindexにしてGoogleのクローラーをブロックしています。記事を書いてもブログのドメインパワーUPには貢献しませんが、書きたいので書きます。

 

記事の流れ

 

 

  • 大学後半で、大きく人生が変わりました
  • 新卒フリーランスもできるのですが、さらなる高みを目指します
  • 3年ぶりに、父親と話しました

 

 

こんな感じです。

検索順位のつかない記事なので、がんばらずに書きます。

 

大学後半で、大きく人生が変わりました

3年ぶりに、父親と話しました

 

ブログに出会ってから、人生が変わりました。

 

ブログ自体は中学生の頃から書いていました

 

実は、ブログ自体は中学生〜高校生のころも書いていました。

当時は「yahoo!ブログ」で、無料ブログですね。

 

もう今やサービス自体がなくなってしまい、消滅しました。

やっぱり、他人のプラットフォームを借りる以上、無料ブログは消える恐れがあるということです。

 

これからブログを始められるあなたは、ステマなしに、有料ブログがおすすめです。

» WordPress(ブログ)の作り方をわかりやすく解説【真似するだけでOK】

 

とはいえ、「メダカの飼い方」とか「モンスターハンター(ゲームです)」の記事だったので、まぁどうでもいいです。

ただ、このときにブログを経験していたので、ブログ愛は当時からありました。

 

ブログで人生を切り開きました

 

大学3年生の9月に、WordPressにてブログを再開します。

 

当時は、「アフィリエイトで稼げるのか。ブログ好きだったし、コツコツ作業も得意だし、バイトを排除できるのならやってみようかな」と開始しました。

 

バイトはスーパーのレジ打ちなり、コンビ二なり、テニススクールを経験したのですが、「言われたことをロボットのようにこなす労働」という感じで、頭を使う機会がなかったです。

 

結果、「資産にならない労働だな」と思い、マジで辞めたいと思っていました。

貴重な20代という時間をたったの1,000円に変えて、とにかくむなしかったです。

 

その労働をしても僕の市場価値は高まらないし、どうにかしたかったです。

 

しかし、家庭に金銭的な余裕はなく、自分のことは自分でするしかない。このジレンマが、僕をブロガーにしました。

 

「ソリンド」を開始したら、成長しつつ、お金も稼げた

 

今は本名と同じ「KOYA」という名前で活動しているのですが、最初は身バレが怖かったので、二次元アイコン・匿名で活動を開始しました。

 

今のブログ名になっている、「thorind(ソリンド)」をハンドルネームにしていたのですが、これは適当です。アベンジャーズのソー(Thor)とスタークインダストリーズ(Stark industries)が好きだったので、そこからとりました。 ※Thor industriesの略

 

まぁ、それはどうでもいいのですが、thorind tennisという、テニス特化ブログをはじめにつくり、これで月5万円稼げるようになり、バイトを排除しました。

 

そして、その実績をもとに「大学生からの副業」というテーマで当ブログ(thorind)を作り、コンサルと合わせて月に15万円以上の成果発生を得られるようになりました。

 

新卒フリーランスもできるのですが、さらなる高みを目指します

3年ぶりに、父親と話しました

 

現在は月に20万円ほど発生しており、記事装飾やYouTubeの編集といった外注費を除いても手取り月15万円は残ります。

ぶっちゃけ、新卒フリーランスもできるのですが、あえてフリーランスをしない進路にしました。

 

理由:フリーランスはいつでもなれるから

 

これは、別の方がうまくまとめてくださったので、ツイート引用します。

 

 

上記のとおり。

 

新卒でフリーランスしてもいいのですが、それだと「大学しか経験してない視座」でしか情報発信できないじゃないですか。それじゃあ、コンテンツが薄い。

 

多くの人の共感を取り、多くの方の支持をもつ。つまり、影響力を拡大していくためには、「社会人層の共感」を撮る必要があります。

それだけではなく、農学部出身の僕は「自然環境保全事業の立ち上げをしたい」という将来の目標があります。

 

これらがあり、さらにネットは1、2年で時代が変わってしまうことを考えると、「合格していた大学院への進学を辞退して、IT就職する」という意思決定になりました。

 

詳しくは、下記の記事や動画でお話ししているので、大学生など、気になる方は読んでみてください。

 

関連記事

» 新卒フリーランスもできるけど、就職に舵をきろうと思います【決意】

 

関連動画

 

3年ぶりに、父親と話しました

3年ぶりに、父親と話しました

 

大学をまもなく卒業し、4月から社会人をするのですが、それに合わせて都心に引っ越ししました。

 

絶縁していた、親子の仲

 

僕は、父親と3年間口を聞いていませんでした。

口をきかないどころか、目も合わせてなかったし、一緒にご飯を食べることもありませんでした。

 

理由は、下記です。

 

 

 

  • 勤務先の大手某T社が経営難に陥り、ブラック奴隷労働を強いるようになった
  • 父親はその結果、自宅が勤務先から遠いこともあり、「6時出社、2時帰宅」みたいな生活になる
  • 精神崩壊し、うつ病認定。しかし、なぜか女遊びを開始。
  • 不倫で別宅を何回もつくるし、離婚を切り出すしで、僕が高校生時代は母親はいつも家で泣いていた
  • 妹にも「大学に行くなら、キャバクラで働いて学費を稼げ」などと言う
  • 「誰のおかげで飯が食えてるんだ」を不倫の言い訳に使う

 

 

こういった背景があり、完全に失望し、気づいたら話せなくなっていました。

 

昔は努力家で、研究熱心な父親を超尊敬していた(父親がいたから僕は空手で東京都強化選手になれたし、妹二人は都大会姉妹優勝を果たせた)だけに、完全に僕の中で人生が変わってしまいました。それくらい、父親が好きでした。

 

僕は家族を壊されたので、自分ががんばるしかなかった

 

目つきや態度が完全に変わってしまったので、「あぁ、僕の父親は死んだんだ」と自己納得しました。

 

大学2年生になるころには完全に距離をおいていて、僕は笑えなくなったし、作り笑いしかできなくなっていました。

 

母親も保険の仕事を始めてくれたものの、ぶっちゃけ低賃金労働で、心身をすり減らして、タバコばかり吸うようになってしまいました。

 

ここで、僕は現実の厳しさを知りました。

自分自身、バイトしても「時給1,000円」にしかならないし、夜勤を体育会の部活の合間に限界までがんばっても「月10万、かつスキルアップなし」という感じで、ひかえめにいって「人生詰んだ」という状況でした。

 

「あぁ、そうか。貧乏人には選択権がないんだ」というのが、悲しいけど現実で、そのことを理解しました。

お金があったら、僕の家族は壊されずに済んだし、僕もこんなに苦しまなくて済んだはずです。

 

門出の際に

 

そんな家庭状況だったのですが、先日就職に合わせて都心に引っ越ししました。

その際、コロナウイルスの影響でテレワークになっていた父親は、僕に話せないのにも関わらず、一人でスーパーに行き、焼肉を買っていました。

 

そして、一人で焼肉をして、僕と一緒には食べれないくせに、皿に盛り、それを母親経由で僕にくれました。

悔しいけど、それはメチャウマで、高級肉でした。

 

さらに、僕が自宅を出る際にあわせて、「こうやおめでとうな。がんばってな」と言いました。

 

これを聞いて、僕はもう涙を抑えられなかったです。なんとか、「ありがとうございます」と小さい声で言えたけど、それが誠意いっぱいで、目もあわせられなかった。

 

というか、この記事を書きつつ、今思い出して涙と鼻水が止まらない。

 

おなたのせいで、どれだけ苦しかったか。幸せで平凡な家族でいたかったし、大切な母親を泣かせないでほしかったし、僕ももっとのんきに生きたかった。キャパオーバーに詰め込んで、キツすぎて彼女の前で泣いてしまう自分は、はじめてブログに書くけど、それくらい限界までやっていました。

 

でも、思えば、父親はそんなことさえも言わせてもらえなかったんです。父親の父親、すなわち僕のおじいさんに当たる人は、父親が小学生の頃にラーメン屋さんでつくった借金300万とヤクザの集金を残して、蒸発しました。

 

なので、言うまでもなく、僕よりも辛い経験をして育ってきたはずです。僕はおじいさんをみたことがないけど、父親は彼を恨んでいて、自分はそうならないように「親の務め」は果たした。

 

「こうやおめでとうな。がんばってな」と言う言葉の裏に、そんな背景があることを思うと、もう、どうにも涙が抑えなれない。

 

なぜか直接はいえないけど、「親の務め、お疲れ様。ほんとうにありがとう」と思います。くたびれてしまった父親を相手に、そう思いました。

 

だから、僕は匿名ではなく、親のつけてくれた「こうや(KOYA)」という名前でネットだとしても活動したいし、これからも精一杯生きます。

 

すみません、マジであなたにとっては無益記事だったのですが、今回は以上です。

ティッシュで涙と鼻水を拭いてきます。

 

» KOYA@ソリンド(@thor_ind)|Twitter 
» KOYA@ソリンド|YouTube

※よかったら、TwitterやYouTubeでも顔出ししつつ発信していますので、フォローいただけたら嬉しいですm(_ _)m