東南アジア旅行に必要な英語レベルは、「出川イングリッシュ」でした

こんにちは、KOYA@ソリンドです。
下記のような動画をYouTubeに投稿しました。

 

バンコクにて英語でホテル予約してみた

 

今回の記事で扱いたいテーマは「東南アジア旅行に必要な英語力はどれくらいか?」です。

 

結論からいうと、「出川イングリッシュで十分」でした。
英語力のなさは気にせずに、ポーンと海外に出てみたら余裕だと思います。

 

東南アジア旅行で英語力は必要なのか

東南アジア旅行で英語力は必要なのか

 

結論としては、英語がまったく話せないと詰むだろうけど、高校を出た人なら問題ないかと思います。

 

いや、行く前は怖いんですけどね。余裕ですよ。英語力よりもノリが重要。

実際に、僕がバンコク旅の前半で同行した方なんかは、海外20回以上行ってるらしいのですが、マジで英語力皆無でした。

 

言葉の通りの、「雰囲気ゴリ押し」でした笑

 

東南アジア旅行で英語力は不要でした

 

なくてもどうにかなっちゃうんですよね。

 

それよりも、「身振り手振りでも伝えようとする姿勢」の方が大切。

 

必要な英語は10個以内でして、記事のもう少し下にまとめておきます。

 

一人旅した僕の英語力

都内国立大生なのですが、TOEICはノー勉で受けたら595点しかありませんでした。
つまり、まったくすごくない感じで、履歴書にも書けません。※あと5点必要。

 

とはいえ、下記動画の通り、ノリだけでチェックインもできます。

 

 

色々と話しちゃってます。
でも、実際には下記しか話せなくてもいけるかと。

 

東南アジア旅行で使った英語

 

 

  • Hello.
  • No!
  • I book this hotel by “agoda”.
  • I want to go 地名.
  • This one.
  • Thank you.
  • How much?
  • I want you to discount it.
  • Check in please /Check out please.

 

 

これだけ。

9個しかないのですが、この9個だけとっさに話せれば、なんとかなります。

 

Hello.

あいさつですね。

 

No!

タクシーに「メータープリーズ」と言って、断ってくるぼったくりタクシーに出会った時などに使います。
「No!」といって、降ろしてもらい、別のタクシーに乗りましょう。

10台に1台くらいはまともなタクシーいますよ。

 

気にせずに、秒速で切り捨てるのがコツ。

 

I book this hotel by “agoda”.

「agodaっていうアプリでホテルを予約してきたんだぜ」というときに使います。
なので、“book”は本ではなく、「予約」の意味です。

なお、バンコクのホテル予約は「agoda」というスマホアプリで当日予約するのがおすすめ。

当日割で、安く予約できます。

 

» バンコク旅行者必見!成田→ドンムアン空港→ホテルまでの1日【VLOG】

 

I want to go (地名).

「(どこどこ)に行きたいんだよ!」とタクシーの運転手に伝える時に使います。

 

This one.

お店のメニューをみて、「これください」と指差す時に使えます。

 

Thank you.

「センキュー+笑顔」が大切。
なんとかなります。

 

How much?

バンコクは値段書いてなかったり、言い値であることも多いです。
なので、値段はこちらから聞くこと。

 

とはいえ、日本人はカモなので、ボッタクリに注意してください。
怪しい時は、断ること。

 

» バンコクのワット・ポーに行ってきた【ボッタクられた/VLOG】

 

これが、ぼったくられてテンション落ちてる男の様子です。

 

I want you to discount it.

バックパッカーの聖地、カオサン通りでも基本日本人はボッタクリの対象なので、自分で値切りましょう。

「割引して欲しいのですが、、」という英語とともに、買うのをやめようとするような素振りも有効です。

 

向こうが勝手に値下げしてきます。

なお、電子機器(Air Pods)やブランドバッグ(ナイキなど)は偽物が多いので、気をつけましょう。

 

Check in please /Check out please

ホテルのチェックイン、チェックアウトの際に使う言葉です。

 

英語を話せることよりも、笑顔でごまかす方が大切

 

笑顔が重要です。

英語やタイ語が話せないと、ちょっと雰囲気悪くなったりします。

 

ですが、そういう場面でも、笑顔があれば険悪な雰囲気にはならないで済みます。

 

東南アジア旅行に行けば、英語力は伸びるのか

東南アジア旅行に行けば、英語力は伸びるのか

 

どうなんでしょう。度胸はつきますが、TOEICを受けても点数変わらないと思います。

 

東南アジアの人の英語力(タイ人の場合)

 

というのも、タイ人も英語できないんですよね。
TOEICの平均点数も、日本人以下と聞いたことがあるような気もします。

 

タイは日本以上の格差社会。

 

僕の渡航経験があるのがタイのバンコクなので、バンコクを例に言います。

 

バンコクは都会(スクンビット地域)と田舎(ドンムアン空港周辺)
で格差がすごいです。

 

これは、たとえばタイのバンコクの場合だと、都市部のお金がある街は店員に英語が割と通じる。一方で、ドンムアン空港周辺などの田舎だと全然英語が通じない、ということを意味します。

 

日本だと日本人に生まれた段階で誰でも中学までいけますが、タイは違います。

現地のタイ人ですら田舎のお金ない人は英語が話せないので、話せない人に慣れてます。

 

みんな外人に対しては「タイ人のタイ語 vs. 旅行者の英語」という構図なので、まったく問題なしです。

 

英語力よりも大切なこと

 

ボディランゲージと笑顔の方が大切です。

あとは、荷物やネットなどの準備をしっかりしてください。

あとは、どこに行きたくて、そのためにはどういった交通手段を使う必要があるのか。

 

いくつか見るべき動画を貼っておきます。

 

バンコク旅に必要な持ち物

 

バンコクの持ち物リスト【保存版/これさえ見れば安心。】

 

バンコク旅行に必要な準備

 

バンコク旅行に必要な準備と知識10選【これ見たらGO】

 

バンコク行きの飛行機(LCC)の乗り心地はどうなのか

 

バンコク・ノックスクートの評判【LCC飛行機/実際に搭乗した感想

 

こちらのバンコクLCCのレビューに関しては、記事版もあります。

 

» ノックスクートの口コミ【狭かったが最安です/ちょっとつらいね】

バンコクにおける宿泊はどうしたらいいのか

 

東南アジアだと簡単にホテル暮らしができる件【バンコクから話す】

 

バンコクでインターネットはどうしたらいいのか

 

バンコクのWiFiレンタルはこの記事をみれば完璧【実際に使った】」にて詳しく解説済みです。

これらを見ておきたいです。

 

結論としては、英語は以下の構文を覚えておけばどうにかなるから、それよりも準備をしっかりしておこう、という感じ。

 

これだけは覚えておきたい英語

 

最後に、まとめです。

 

 

  • Hello.
  • No!
  • I book this hotel by “agoda”.
  • I want to go 地名.
  • This one.
  • Thank you.
  • How much?
  • I want you to discount it.
  • Check in please /Check out please.
  • 笑顔

 

これらだけで、あとは「伝えよう」という気持ちがあればなんとかなります。

わりと、気持ちの問題です。