WEBマーケティングで大学生が稼ぐ方法【月20万円稼ぎました】

ソリンドです。

大学生ブロガーとして情報発信してきて、最近だとAbemaTVに出演したり、月に20万円稼いだりしています。

 

そんな僕ですが、過去にはWEBライターをしていました。

そして、「バイトを排除したいけど、まだブログだけじゃ無理だ」というあなたにこそ、WEBライターに挑戦してほしい。

 

理由は、バイトはあなたのスキルを伸ばさないけど、webライターに割く時間は、あなたの「WEBライティング」や「SEO」といったスキルを伸ばすからです。

つまり、自己投資しながら目先のお金も稼げるのでおすすめです。

 

 

フォロワーを見る限り、大学生でもネットで稼ぎたい人が多いと思うのですが、月5万円をてっとり早く稼げるのは「クラウドソーシング」です。具体的には、WEBライター。 WEBライターをやっておくと、スキルアップになりまして、WEB系企業の就活も有利になります。文字単価あげれば、月10万も可能です。

 

 

WEBライターの概要と、案件受注方法

WEBライターの概要と、案件受注方法

 

「ライター」とは、タバコのライターではなく、字を書く「ライター(writer)」です。

 

WEBライターとは何か

 

企業サイトや個人のアフィリエイトサイトなどの記事を書くお仕事です。
つまり、「ネットの記事を書く」です。

しかし、ただ日記を書けばいいと思ったら間違いです。

 

発注者からは「キーワードと字数」が設定されると思うのですが、決められたキーワードにおいて、Googleの検索結果で上位表示を獲得する努力が求められます。

 

これを「SEO(検索エンジン最適化)」というのですが、SEOを意識して記事をかけると、単価の高いライターになれます。

 

WEBライターの案件はどこから受注できるか

 

クラウドソーシングサイトです。

有名どころは、「クラウドワークス」です。
これを登録しておけば問題なし。

 

あとは、ツイッターから個人案件を獲得できることもあります。
僕のアカウントをフォローすると、見つけたときにRTします。

 

WEBライターでどれくらい稼げるのか

 

1文字1円だとしても、毎日3,000文字を書けば9万円は行きます。

80日間連続で実験しててもそれくらい書けたし、毎日こなせば文字単価も2円には近づくかと。

 

僕は360記事以上の執筆経験があり、最近いただいた企業提案だと文字単価3円だったりしましたが、多忙につき断りました。

 

3,000字は「多すぎてキツイ」とはならない分量なので、月に10万円は十分に現実的でしょう。

 

さらに、3,000字の執筆にかかる時間は2時間くらいだと思うので、バイトよりも効率的だと思います。

 

 

大学生がWEBライターの案件を確実に受注する方法

大学生がWEBライターの案件を確実に受注する方法

 

【悲報】クラウドソーシングに登録しただけじゃ稼げません。

 

すみません。

大学生はバイトでクラウドソーシングを経験すべき【就活に有利です】」のような過去記事で、大学生がライターすると稼げます」みたいに書いてるのですが、登録しただけでは無理です。

 

待ってても、無実績な人は案件受注できません。

 

WEBライターで稼ぐ方法の記事は世の中にたくさんありますが、際に稼げるようになるまでにはギャップがありました。

 

なので、ここからはそのギャップを埋めていきます。

 

WEBライターで稼ぐ方法【確実に案件をとる】

 

動画でも解説しました。

 

新人WEBライターが稼げない理由

 

理由は、「誰も仕事を依頼してこないから」です。

 

顔出ししてるからとか、本名出してるからとか、高学歴だからとか、そういう問題じゃないです。

完全に「経験値」の差でして、「未経験に仕事依頼すると、結局記事の書き直しに手間がかかるから」です。

 

高学歴な人でも案件受注できません

高学歴の人だとちゃんとした文章書けると思います。

 

でも、「SEOに最適化された文章」を書けますか?

 

書けないですよね。それが理由で仕事をもらえません。

 

では、どうやったら仕事を依頼してもらえるか

 

結論としては、「最初の1件」さえ受注できれば、大丈夫です。

 

完全未経験だと、誰も「最初の1件」を依頼してくれないんですよね。

 

最初の1件を受注するために、もう1アクション必要です

 

3つ方法があります。

 

 

  • ブログをポートフォリオにする方法
  • ツイッターでライター募集してる人に、DMする
  • 格安で受ける

 

 

ブログをポートフォリオにする方法

自分でブログを書いてみて、実績にしちゃうという戦法です。

 

僕はこのルートを使っていて、最初は完全無実績でした。

そのあとに、ブログ100記事書いた時点で案件受注できるようになりました。

 

さらに、200記事書いたくらいの頃には、ブログのお問い合わせから依頼が来るようになりました。

 

最近は文字単価3円の記事でも、断ってしまっていますね、、。

※今は自分の商品があり、時間を割くなら自己のブランディングです。

 

なお、ブログは「WordPress(ブログ)の作り方をわかりやすく解説【真似するだけでOK】」をみつつ、3時間くらいでサクッと作りましょう。話はそこからです。

 

ツイッターでライター募集してる人に、DMする

ツイッター経由なら、未経験でも手取り足取り指導してくれる人はいます。たまに募集していますね。

 

僕もYouTubeの動画編集をツイッターで募集し、34人の中から選考した3人に依頼しています。

 

 

これは動画編集でしたが🙇‍♂️

こういうチャンスにのっかるか、時間から営業するかです。

 

格安で受ける

未経験でも、ボランティアみたいな単価なら、仕事くれる人がいます。

 

僕は最初文字単価0.3円で受けました。
バイトの方がそれだったら稼げるくらいの時給になったのですが、それが最初の実績になり、企業とかもそのあと任せてくれるようになりました。

 

なので、最初は格安でいいかと。

その上、最初は安くで雇われても、満足度が高かったら値上げ交渉にも乗っかってくれると思います。

 

そんな風にして、最初の実績をなんとしても作りましょう。

 

アフィリエイトで稼ぎたい大学生へのメッセージ

 

「後々は自分のサイトで稼ぎたい」という目標があってWEBライターをした人もいますよね。
そういった方に向けてもメッセージを書いておきます。

 

ライター経験を実績としてポジショニングすれば、ツイッターから個人案件も受注しやすくなります。

 

個人案件だと稼げているアフィリエイターから記事へのフィードバックがあり、結果として、あなたのブログも伸びそう。

 

「急がば回れ」ですね。

 

 

僕もWEBライターの経験はあります。

その頃は、「キックさん」という、フォロワー2万人くらいのインフルエンサーのブログ記事を書いていました。

 

そして、その経験を実績にして、企業案件を受注。

最初ブログで稼げていなかった頃は、バイトとブログとライターの組み合わせで食費をまかなっていました。

 

今だと、月収20万円を超える月も出てきました。

 

というわけで、「クラウドソーシングに登録するのもいいけど、本当に稼ぐなら、1クッション挟まないと無理」というお話でした。

 

参考になったら幸いです。

» クラウドワークスの登録はココからどうぞ

 

まずは稼ぎつつで、活動資金を得つつ今後の戦略を考えましょう。