大学生はバイトしないという選択肢もある

こんにちは、KOYA@ソリンドです。

 

都内の国立大学の理系学部に通っています。

そして、大学生をしつつ、月に20万円くらい稼ぎました。

 

最近はWEB経由でも月に10万円以上マネタイズすることが可能になったのですが、もともとはバイトに明け暮れていました。

 

この記事は、バイトに消耗していた2年前の僕に対して、書いていきます。

自己投資しつつ、成長しながら稼ぐ道があります。

 

 

「大学生はバイトをしないといけないか」というと、そうでもないです。 途中から時間の切り売り感が強くなり、無駄になってきます。しかし、稼がないといけない。僕はバイトしつつ、ブログで少しずつ稼げるようにして、半年後にバイト卒業しました。バイトしないようになると、自己投資に時間を使える

 

「大学生はバイトをしないといけないか」というと、そうでもないです。

 

途中から時間の切り売り感が強くなり、無駄になってきます。しかし、稼がないといけない。

 

僕はバイトしつつ、ブログで少しずつ稼げるようにして、半年後にバイト卒業しました。

バイトしないようになると、自己投資に時間を使えます。

 

 

大学生なのにバイトしないのはマズイことなのか

大学生は「バイトをしない」という選択肢もある【個人で稼いで生きていく】

 

マズくないです。

 

むしろ、ある程度の期間職場で働いていたら、時間の無駄になってきます。

バイトをいつまでもしてる方がマズイです。

 

バイトが無駄である理由

 

2つあります。

 

 

  • 頭を使わないから
  • 成長があまり期待できないから

 

 

バイトの単純作業の先に「個人の能力UP」はない

 

責任のない単純作業が任され、頭を使わないからです。

 

頭を使わない業務ならロボットでいいですよね。

 

バイトの単純作業の先に「個人の市場価値UP」もない

 

理由は、バイトを100時間やったところで、あなたの時給は対してあがらないからです。

上がったとしても、別の職場に移ったらまた最低賃金からです。

 

つまり、実質的な市場の評価によるあなたの価値は、上がっていません。

 

さらに、スキルは身につかないし、就職にも特に役に立ちません。

 

ただただ、目先の生活費のために、時間を切り売りするだけです。

 

自己投資に使う時間は、「将来の市場価値」を高める

 

これが、プログラミングとか英語学習、読書だったら、お金にはならないにしろ、将来の選択肢を広げてくれますよね。

つまり、自己投資になります。

 

バイトも、業務の最初は社会経験として役立つと思います。

しかし、半年くらいの勤務で3職場程度経験したら、もうそれ以上勤めてもスキル伸びないのではないでしょうか。

 

もちろん、お金だけが全てではないのですが、大学3年生以降なら次のステップに進んでも良いかなって感じ。

 

 

僕もスーパーのレジ、コンビニ夜勤、テニススクール、研究補助とさまざな職場を経験しました。

 

その経験を踏まえて、「バイトは2年もやれば十分だ」と考えました。

 

なので、大学3年生からは「個人で稼ぐ力」の習得に時間を割きました。

結論としては、大学4年生をバイトなしで過ごせたので正解でした。

 

あとは、大学生だったらインターンした方がいいです。

就活に向けて、「どういったスキルを身につけると会社に価値提供できるようになるか」がわかります。

» 大学生でインターンしないのはもったいない件【バイトはやめていい】

 

大学生で「バイトしないで何もしない人」は何も得られない

大学生は「バイトをしない」という選択肢もある【個人で稼いで生きていく】

 

ここまでは、比較的「バイト反対派」みたいなポジショニングをしていたのですが、ここからは立場を変えます。

 

記事前半は「意識高い系」の人(バカにされていた、過去の僕)に向けて書きました。

後半は、「意識低い系」の人に向かって書きます。

 

バイトが無駄だといえるのは、バイトの価値を知っている人間

 

「バイトは無駄ですね」と、本当の意味で言えるのは限られています。

バイトをして、バイトの価値を知った人間です。

 

「バイトはしない。でも遊んでばかり」は、人としての幅を広げられないと思います。

 

それはもったいないです。

 

バイトには価値がある話

 

2つあります。

 

 

 

  • 忍耐力がつく
  • 色んな人の価値観に触れられる

 

 

忍耐力はいうまでもないので、後者について。

 

大学生がバイトをすると、色んな人の価値観に触れられます

 

「人」や「世界」、「価値観」を知ることができます。

 

僕もスーパーのレジ時代はくたびれた仕事帰りのサラリーマンをたくさん見ました。

 

コンビニ夜勤ではヤクザの人、キャバの人をみました。

テニススクールでは裕福そうな奥さんやその子供などを見ました。

 

たくさんの人を見れるので、色んな人生の生き方だったり、価値観を知れます。

 

確かにアルバイトは「効率的に生きる」って点ではコスパが悪いので、無駄です。

とはいえ、「効率的な人生=正解」とも限らないので、回り道もいいかなと思っています。

 

なので、あなたがまだ「バイト未経験者」なら、一年くらいで2職場くらい経験したら、ものの見方や価値観が変わると思います。

 

1,000円稼ぐのも、大変なんですよ。

 

大学生がバイトを知った上で、個人で稼いでいきていく

 

記事前半では「バイトで得られるもの」を知っている人、後半では知らない人に向けて書いてきました。

 

では、「バイトを卒業する」と意思決定した場合に、「じゃあ、どうやったら個人で稼げるのか」ということについて紹介しておわります。

 

結論としては、下記のようなものがあります。

 

大学生がバイトしないで稼ぐ方法

 

 

  • 転売
  • アフィリエイト
  • 動画編集
  • プログラミング
  • WEBライター

 

 

このあたりが、再現性高く稼げるものです。

 

ちなみに、月20万円稼いだ僕は「アフィリエイト、教材販売、コンサル、テレビ出演」で稼ぎました。

» 大学生ブロガーとして収入が「月20万円」を超えました【売上報告】

» 大学に行く価値は「ある」という話【AbemaTVに出演します】

 

ですが、僕の稼ぎ方はちょっと難易度高いので、手堅いのはアフィリエイト、動画編集、プログラミングです。

 

大学生がアフィリエイトで稼ぐ

 

ブログにて商品を紹介して、紹介料で稼ぐ方法です。

 

アフィリエイトの世界では、プロが「マナブさん」というユーチューバーでして、彼の教材を買うと1発でトップレベルの知識が身につきます。

 

僕は以前、マナブさんに3ヶ月30万円のスポンサーをいただきました。

その後マナブさんとバンコクで会い、相談したりして、売り上げも伸びました。

 

ここまでフリーランス活動を大きくできたのは彼のおかげで、信頼できる方です。

マナブさん自身アフィリエイトで月450~600万円稼いでいます。

» ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】

 

あるいは、僕は初心者向けに、「ブログ月1万円&ツイッターのフォロワー1,000人」を目指す個別指導コミュニティを運営しています。

 

メンバーのレビューも掲載していて、こちらもみっちり指導がうけられるのでおすすめです。

» 【公開】ブログとツイッターの個別指導を開始します【人数制限あり】

【公開】ブログとツイッターの個別指導を開始します【人数制限あり】

 

ただ、これらの教材やコミュニティではなく、サクッと軽い教材で学びたい方は、下記もおすすめ。

» 弱者の成り上がりブログ運営術

 

コスパの良い教材です。

 

まずは、「WordPress(ブログ)の作り方をわかりやすく解説【真似するだけでOK】」をみつつ、3時間くらいでサクッとブログを作っちゃいましょう。話はそこからです。

 

大学生が動画編集で稼ぐ

 

僕もYouTubeチャンネルの編集者を3人抱えていて、下記のツイートのように募集したことがあります。

 

 

Final cut proなど買えば、動画編集でも稼げます。バイトよりは時給いいかと。

 

どういうスキルと提案ができれば稼げるかは、下記の記事(無料です)をお読みください。

 

» YouTubeの動画編集案件を受注するコツ【有料級の情報です】

YouTubeの動画編集案件を受注するコツ【有料級の情報です】

 

月に50万円稼いでいる編集者も、中にはいます。

 

大学生がプログラミングで稼ぐ

 

強いですね。

 

僕の友人で、ツイッターのフォロワー数を抜かしたり抜かされたりしていたたけまるさん(@takemaru2150)などは、大学生ながら月に50万円ほど稼いでいます。

 

ちなみに、学習期間は1年未満なので、控えめにいって驚きですよね。

 

僕はブログ始めてから18ヶ月とかなので、比べる必要はないにしろ、「プログラミング強いなぁ」と思っています。

※僕も2万円の案件は受けたことあります。

 

プログラミングに関しては、こちらの記事をみればオッケイです。

» 大学生がプログラミングすると、就職先が広がります【最強のスキル】

大学生がプログラミングすると、就職先が広がります【最強のスキル】

 

というわけで、アフィリエイトでも、動画編集でもプログラミングでもなんでもいいので、個人で稼ぐ道にも挑戦して見ましょう。

 

最初は稼げなくても、1年経つ頃にはバイトを代替できるくらいにはなっていると思います。

 

僕も、18ヶ月目にして、その気になれば新卒フリーランスできるレベルになりました。

 

YouTubeでも大学生向けの発信をしているので、チャンネル登録して就活や個人で稼ぐノウハウを手に入れましょう。

» KOYA@ソリンド|YouTube